Yabaiiiiii

PMSとは?PMS(月経前症候群)の8の原因と、事前にできる5の対策

PMSとは?PMS(月経前症候群)の8の原因と、事前にできる5の対策

生理前になると現れる不快なPMSの症状にお悩みの女性は非常に多いかと思います。

このPMSはそもそも何が原因となっているのでしょうか?

そこで今回は月経前症候群の8の原因と、事前にできる5の対策について紹介していきたいと思います。

 

 

PMSの8つの原因

PMSの症状があらわれる時期はプロゲステロンの分泌量が増加する時期なので、原因の1つはプロゲステロンにあると考えられています。

しかし、月経がある全ての女性にこのホルモンが分泌されているにもかかわらず、PMSの症状のあらわれかたにはとても大きな差があるのです。

そのため一概にプロゲステロンだけに原因があると言うことはできないのです。
まだまだPMSの頑固たる原因は特定されていないものの、主に以下の3つがPMSの症状に大きく関係しているのではないかと考えられています。

原因① 貧血によるPMS症状

貧血によるPMS症状

PMSの症状で悩む女性の多くは潜在静鉄欠乏症貧血があると言われており、生理前は子宮が興奮状態となり虚血性貧血が起こっています。

これは本来なら脳に供給されるはずの血液が子宮の周りに集まり、脳への血液供給が低下してしまっている状態のことです。

女性はただでさえ貧血になりやすいと言われていますから、そこに虚血性貧血が重なることでPMSのような症状を感じやすくなっているのです。

 

原因② 機能性低血糖症によるPMS症状

機能性低血糖症によるPMS症状

黄体期にはプロゲステロンが分泌されてインスリンの働きを低下させてしまい、血糖値が上がれば体内でインスリンが大量に分泌されます。
この影響により血糖値は急激に低下して低血糖の状態になってしまいます。

反対に血糖値が下がりすぎれば血糖値を上げるためのアドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンが大量に分泌され、ホルモンバランスの乱れから精神的なPMSの症状を引き起こしてしまうのです。

インスリンは別名を「太るホルモン」とも呼ばれており、PMSのの食欲増加や体重が増えるという症状にも影響を与えていると考えられています。

 

原因③ 脳内物質の影響によるPMS症状

脳内物質の影響によるPMS症状

排卵後にはエストロゲンの分泌量が減ります。

これによりなお売内で喜びを感じるセロトニンという物質の分泌量が減ってしまい、頭痛や落ち込み、悲しくなるなどのPMSの精神的な症状が現れるのです。

 

原因④ ストレスによるPMS症状の悪化

ストレスによるPMS症状の悪化

先ほどPMSの症状の感じ方には個人差があると紹介しましたが、これにはストレスが大きく影響していると考えられて、ストレスをたくさん抱えている方はPMSの症状を感じやすいという傾向があります。

特に働いている女性は仕事でのストレスやプレッシャーからPMSの症状が悪化し、仕事にも影響を与えてしまう場合があるのです。

 

原因⑤ 食生活や嗜好品によるPMS症状の悪化

食生活や嗜好品によるPMS症状の悪化

食生活の乱れやお酒やたばこ、コーヒーなどの嗜好品もPMSを悪化させる原因になています。

特にビタミンやミネラルが不足するとPMSの症状は悪化しやすくなっているので、ビタミンやミネラルの吸収を妨げてしまう嗜好品はできるだけ控えた方が良いでしょう。

 

原因⑥ 性格によるPMS症状の悪化

性格によるPMS症状の悪化

PMSはその人のもともとの性格も大きな原因の1つだと考えられています。

例えば真面目な方や神経質、几帳面で完璧主義者、負けず嫌い、自分に厳しいという方はPMSの症状を強く感じやすいと言われています。

性格は変えようと思って変えれるものではありませんが、このような方は症状を感じやすいということで積極的に対策法を取り入れていく必要があると言えるでしょう。

 

原因⑦ 体力の低下によるPMS症状の悪化

体力の低下によるPMS症状の悪化

生理前に風邪や病気などで体力が低下し、自律神経が乱れるとPMSの症状が重くなると考えられています。

病気の時期はただでさえ体力が衰えていて辛いですが、そこにPMSの症状が重なるとPMSの症状自体も重くなってしまうのです。

 

原因⑧ 冷えによるPMS症状の悪化

冷えによるPMS症状の悪化

排卵日が終わると分泌されるプロゲステロンは妊娠の準備状態をキープするため、栄養素や水分を身体にたくわえようと働きかけます。

これにより水分や栄養素の排泄が抑えられて身体に余分な水分がたまってむくみやすくなります。

むくみは冷えのもとですから、身体が冷えることでPMSの症状が悪化してしまうのです。

 

 

PMSの5つの対策

方法① ストレスをためこまずPMS対策

 ストレスをためこまずPMS対策

PMSの症状は心に表れるものもあり、自分を責めたり不安になる、落ち込んでネガティブな考えになるということが多くなります。

このような状態が続くと余計にストレスがたまってPMSの症状が悪化してしまうので、生理前は気持ちを割り切ることも大切です。
この時期だけは楽をしても良いと考え、好きなことや趣味に没頭するのも良いでしょう。

また、ストレスを作らないように仕事の量を減らしたり約束を延期するなど、心の変化もPMSの症状だと割り切ることで気持ちの面でもリラックスできるようになるでしょう♪

 

方法② 食生活を見直してPMS対策

食生活を見直してPMS対策

PMSは鉄分やビタミン、ミネラル不足も1つの原因となっています。
そのため、日ごろの食生活から見直して積極的に栄養素を補給するように心掛けるのも大切なポイントです。

また、普段から精製された真っ白のお砂糖や白米、白いパンなどを食べている方も要注意!
白いものよりは三温糖や玄米、全粒粉のパンなど精製されていない茶色の食べ物を摂るように心掛けると良いでしょう。

甘いものを食べるときにも洋菓子よりはあんこや黒糖、いも、栗などを使った和菓子を食べるのもおすすめですし、ナッツを持ち歩いて小腹がすいたときにおやつ代わりに食べると血糖値の安定にも役立ちます。

食べ物を制限してストレスになってしまっては逆効果ですが、摂りすぎてもPMSが悪化する原因になってしまうので、自分ができる範囲から食生活を見直してPMSの緩和・改善に役立てていきましょう♪

 

方法③ 薬を飲んでPMS対策

薬を飲んでPMS対策

PMSによる気持ちの変化は誰にでも起こりうることなので、決して自分を責めてはいけません。

中にはピルを飲んだり漢方を活用することで症状の緩和に役立てている方もいるんですよ♪

特にお仕事をしていたり人と関わらなければいけないときに気持ちの面を自分でコントロールするのは難しいことですから、症状が辛い場合には医師に相談して薬を処方してもらうと良いでしょう。

 

方法④ 身体を温めてPMS対策

身体を温めてPMS対策

身体の冷えはPMSだけでなく生理痛の悪化にも繋がってしまいます。
そのため、PMSの症状を感じる前から身体を温めておくことはとても大切なことです。
自宅で過ごすときにも首回りやお腹などをしっかりと温めておきましょう。

また、お風呂はシャワーで済ますのではなく湯船につかるようにして、ぬるまの温度で半身浴をするのがおすすめです♡

半身浴をすることで身体が芯から温まりますし、リラックスするという面でもPMSの緩和・改善に役立つと言えるでしょう♪

 

方法⑤ 有酸素運動でPMS対策

有酸素運動でPMS対策

適度な運動は健康や美容はもちろんのこと、PMSの緩和・改善にも役立つのです。

全く運動をしていない女性と適度に運動している女性を比較すると、PMSの症状の感じ方には大きな差があると言われています。
1週間に3日、30~1時間程度有酸素運動を行うのがおすすめです♪

特に激しい運動をする必要はないので、ジョギングやウォーキング、ヨガ、ストレッチなど、リラックスできる運動を取り入れることで対策法として役立てていきましょう。

 

 

おわりに

PMSの原因は身近なところに多く隠れていますが、ほとんどは日ごろの生活の中で対策できるものばかりです。

しかし、無理に対策法に取り組んでいるとかえってストレスになりPMSを悪化させてしまう場合もあるので、くれぐれも無理は禁物です。

自分のできる範囲でマイペースに対策法を取り入れてPMSの緩和・改善に繋げていきましょう♪

自分のできる範囲でマイペースに対策法を取り入れてPMSの緩和・改善に繋げていきましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

Yabaiiiiii編集部

Yabaiiiiii編集部

投稿者プロフィール

今話題の・・・あんな事やこんな事を毎日更新中~♡

Pick up!!

  1. アスタキサンチンって何?9つの効果効能と副作用、おすすめサプリ比較

    アスタキサンチンって何?9つの効果効能と副作用、おすすめサプリ比較

    優れたアンチエイジング効果をもつ成分として一躍話題になった成分「アスタキサンチン」 スキンケア用品…
  2. ビューティフルスキン ミネラルファンデーションを試してみた!わたしの口コミ

    ビューティフルスキン ミネラルファンデーションを試してみた!わたしの口コミ

    皮膚科医が考案し全国の医療機関で支持される「ビューティフルスキン ミネラルファンデーション」 …
  3. DHCまつげ美容液の2種類を実際に試してみた!口コミと効果

    DHCまつげ美容液の2種類を実際に試してみた!口コミと効果

    まつ毛美容液といえば「DHC」というくらい有名ですよね! マツエクの人でも使えて、コスパも最強で1…
  4. 生酵素の5つの効果がヤバい!ダイエットにおすすめ生酵素サプリはどれ?

    生酵素の5つの効果がヤバい!ダイエットにおすすめ生酵素サプリはどれ?

    ダイエットや美容のキーワードである「生酵素」 酵素ダイエットや酵素洗顔など、女性にとって酵素は切り…
  5. 巨乳になりたい♡と思ったら試してほしい胸を大きくする8つの方法

    巨乳になりたい♡と思ったら試してほしい胸を大きくする8つの方法

    胸を大きくする8つの方法をざっくり解説 生活習慣を見直す 自分に合ったブラジャーを選…

おすすめ記事

  1. ファイナリフト(FINALIFT)を実際に7日間試してみた!口コミと効果
    シミ、乾燥、毛穴、くすみなど、“大人の女性”の肌の悩みにおすすめのオールインワンゲル「ファイナリフト…
  2. 26歳のわたしが雪肌ドロップを実際に1ヵ月間試してみた!口コミと効果
    最近、話題になっている飲む日焼け止め。 いろんな商品がありますが、話題になっているのが「雪肌ドロッ…
  3. ニキビ撲滅 !ニキビに効く食べ物6つとニキビの原因になる食べ物6つ
    ニキビを治すために、ニキビに効く食べ物を食べよう!と考える人は多いですよね。 でも、ニキビに効…
  4. まぶたが腫れる?実は恐ろしい・・・まつげ美容液の4つの副作用
    まつげ美容液はまつげを健康的にして女性らしい目元を手に入れるには欠かせないアイテムです。 しかし、…
  5. 安くておすすめ♪市販されてるニキビに効く化粧水のおすすめ7商品
    化粧水は毎日使うもので、ニキビを治す上ではなくてはならないアイテムです。 毎日使うものだからこ…
  6. 亜麻仁油とえごま油の違いを60秒で解説!どっちも健康・美容効果が、ヤバい!
    亜麻仁油とえごま油の違いをざっくり解説 亜麻仁油とは、亜麻という植物の…
  7. 肥満症に効くお薬とは?効果的な7つのお薬と、その効果・副作用まとめ
    肥満症の治療は、食事療法や運動療法は肥満症治療の基本となります。 些細なことでも毎日続けることで減…
  8. 手汗は一つの病気?!手掌多汗症の原因と治療方法を正しく知りましょう!
    手のひらに異常に汗をかいてしまう病気「手掌多汗症」の原因についてクリニックで行われている手掌多汗症の…
  9. THE Summer Girl☆今オフショル女子がアツい!オフショルダーの3つの魅力
    いよいよ今年も暑い夏がやってきます。 今年の夏は何をしますか?? ビーチで泳いだり、バーベキ…
  10. KOSE米肌の口コミ~季節の変わり目の揺らぎ肌に効果あり~
    季節の変わり目には敏感肌はトラブルが多い 敏感肌の人がお肌のトラブルが起きやすいのが季節の変わり目…

Category

Follow the Facebook

○○な話

  1. 吹石一恵の素顔に脱帽。あの福山雅治を射止めた吹石一恵の素顔とは?【結婚秘話】
    福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚報道で沸いた9月28日。 「なぜ吹石一恵さんなの??」 とい…
  2. 素敵すぎる!妻がミッション:インポッシブル風に報告。夫へのメッセージにほっこり♡
    いつも帰宅が遅い旦那さんがいる家庭では、夫婦の会話がついついおろそかになってしまう…。 そんな…
  3. 北斗晶が乳がんを告白したとき、永遠のライバル達からの言葉がジーンと心に響く。
    9月23日、タレントの北斗晶(48)がブログを更新しました。 そのなかで自分が乳がんであることを発…
ページ上部へ戻る